シロフフユエダシャク

冬にのみ姿を見せるシャクガ類をフユシャクと総称しますが、その中でも一番遅く出現するのがこの蛾。シロフフユエダシャク Agriopis dira。冬から春に移る季節を教えてくれる蛾です。北海道から九州まで広く分布する普通種なので、毎年見る機会も多い種類です。幼虫がコナラ、クヌギなどを食べるので里山の蛾でもあります。 2020年3月14日…
コメント:0

続きを読むread more

モンキキナミシャク

早春に出現する、漫画みたいなかわいいデザインの蛾、モンキキナミシャク Idiotephria amelia。幼虫は、コナラ、クヌギからミズナラ、ブナ、カシワまで様々なブナ科樹木を食べるので、平地でも産地でもふつうに見られます。 これを見ると、春が来たなーと思います。 2020年3月14日宮崎県延岡市愛宕山
コメント:0

続きを読むread more

キリガ3種(スモモ、ナワ、カギモン)

キリガ類は寒い時期に出現することもあり、愛好家が増えている蛾です。このスモモキリガ(Anorthoa munda)は、中でも比較的普通に見られる種類。3月に姿を現します。白っぽい翅の先にある黒い二つの点が目印。 名前は、幼虫がスモモで見つかったからつけられたのでしょうか。スモモ以外にも、ウメ、サクラやクヌギ、コナラを食べるようです。 …
コメント:0

続きを読むread more

ヘリグロキエダシャク

2020年3月14日、夜の愛宕山で糖蜜をしかけてキリガ類を探索していたときに偶然発見したヘリグロキエダシャク Corymica deducta deducta。幼虫がタブノキを食べる照葉樹林の蛾のようです。3月に見られるのはかなり早い記録かもしれません。 ウコンエダシャクと同じ属の蛾で、翅の形もよく似ています。この個体は♂で、前翅のつ…
コメント:0

続きを読むread more

プライヤキリバ

成虫で冬を越す蛾、プライヤキリバ。枯葉のようなデザインの蛾で、虫にくわれたような欠けた形をした翅が、切れた羽「キリバ」という名前なのでしょう。 晩秋や早春に光に飛来するのをよく見かけます。 幼虫は、コナラ、クヌギ、アラカシなど里山の樹木を食べるので、比較的おなじみの種類です。 鱗翅目ヤガ科プライヤキリバ Gonicraspidum…
コメント:0

続きを読むread more

ヒロバトガリエダシャク と ホソバトガリエダシャク

早春に姿を現すこの2種のシャクガは、自動販売機の光で見つける機会が多いです。 ヒロバトガリエダシャク Planociampa antipala。 宮崎県延岡市愛宕山。2020年3月14日。 ホソバトガリエダシャク Planociampa modesta  。宮崎県延岡市北方町。2020年3月14日。 ヒロバ、ホソバの名の通り、…
コメント:0

続きを読むread more

トビスジトガリナミシャク

通勤中にも蛾を見つけることがあるので、常にコンパクトデジカメを持ち歩くのですが、冬の間は使う機会がないのでさぼっていました。・・・が蛾を発見!おおっ!見たことがない種類。カメラがないときは、スマートフォンの出番。 撮影して、帰宅してから図鑑で調べてみました。 トビスジトガリナミシャク Zola terranea terraneaのよ…
コメント:0

続きを読むread more

[番外編]高千穂の早春の蛾

高千穂町まで出かけて、早春に出現する蛾を撮影。宮崎県では記録の少ないヒロバフユエダシャクがたくさん見られました。夜間、光がついている場所に多かったので、おそらく灯火に飛来した個体がそのまま昼間までいたのでしょう。のべ8♂撮影しました。 他にも、早春性のクロモンキリバエダシャクも。埼玉にいたころにもよく見ていた懐かしい蛾です。 冬尺の…
コメント:0

続きを読むread more

早春性のカバナミシャク類(ソトカバナミシャク、ナカオビカバナミシャク?)

Eupithecia属のカバナミシャク類は同定が難しく愛好家の少ないジャンルです。 早春に出現するソトカバナミシャクは比較的斑紋で判別しやすい種かもしれません。ソトカバナミシャク Eupithecia signigera  2020年2月22日 宮崎県延岡市愛宕山  ソトカバナミシャク Eupithecia signigera 20…
コメント:0

続きを読むread more

イボタガ他、春の蛾出現

仕事の帰りに、久しぶりにカメラとネット片手にフィールドへ出てみると、早春の蛾・イボタガが早くも出ていました。強烈なデザインをしています。一見不気味ですが、よく見ると実に美しい。本種は3月後半から4月にかけて見られる蛾ですが、暖かい年は2月から姿を見せるのですね。(イボタガ Brahmaea japonica :2020/2/21 宮崎県…
コメント:0

続きを読むread more

クロマダラソテツシジミ、2019年も延岡で確認

迷蝶クロマダラソテツシジミは、近年九州本土でもよく見かけるようになりました。今年は9月くらいから見かけるようになり、食樹ソテツが近くにない自宅の庭にもよく飛来して吸蜜しています。夜になると玄関の光に飛来する個体もいます。 11月15日現在、まだたくさん飛んでいます。 *****
コメント:0

続きを読むread more

フジバカマに集まる秋の虫

アサギマダラを呼ぶために庭に植えたフジバカマに、夜になると蛾が集まってくることがわかりました。 下はシラホシアシブトクチバ。南方系の蛾で、後翅にある模様が良いですね。 ナカグロチビノメイガ。鮮やかな黄色地の翅にある特徴的な褐色紋。これもまた南方系の種です。 クロミスジシロノメイガ。これまた南方系の蛾。 蛾を探す場合、光に集まるも…
コメント:0

続きを読むread more

オオスズメバチ

延岡市熊野江神社のヤッコソウの花が咲き始めました。ヤッコソウは、葉緑素を持たない寄生植物。スダジイの根に寄生しているようですが、分布が極めて限られる貴重な植物です。花は虫媒花で、分泌液に昆虫が集まるといわれています。今日はオオスズメバチがきていました。 宮崎県延岡市熊野江神社2019年11月3日膜翅目スズメバチ科オオスズメバチ Ves…
コメント:0

続きを読むread more

マダラハネナガウンカ

夜間に延岡市行縢町で蛾の探索を行っていた時に、ふわっと飛び立った虫がいたのでネットイン。マダラハネナガウンカでした。ハネナガウンカ類は普段目にする機会があまりないので、どれも珍しい印象です。 2019年10月25日宮崎県延岡市行縢町半翅目ハネナガウンカ科マダラハネナガウンカ Pamendanga matsumurae
コメント:0

続きを読むread more

サンカククチバ

夏から秋にかけて目にする機会が増える、三角形が特徴のサンカククチバ。移動性が強い蛾で、南方から飛来して移動してくるようです。 特徴的な斑紋をしているのですぐに本種とわかります。 2019年10月22日宮崎県延岡市愛宕山鱗翅目ヤガ科サンカククチバTrigonodes hyppasia
コメント:0

続きを読むread more

キタキチョウがミモザで発生

最近家の庭にキタキチョウがたくさん飛んでいるので、不思議だなあと思っていました。 その原因が判明。 今年の春に植えたミモザの木(まだ2mにも達していない苗)で発生していたようです。蛹の抜け殻もみつかり、交尾個体も。 そう言えばミモザの周辺に特に個体数が多かったのでした。キチョウはマメ科植物を食べます。ミモザもマメ科ですね。。。 …
コメント:0

続きを読むread more

モンシロドクガ

イペイの葉裏でモンシロドクガを見つけました。ドクガの一種ですが、純白でもふもふしておりかわいらしい蛾です。 しかし毛には毒があるので、あまり大量発生されると困りますね。 2019年9月29日宮崎県延岡市平原町鱗翅目ドクガ科 モンシロドクガ
コメント:0

続きを読むread more

クスサン

久しぶりのアップです。しばらく多忙につきさぼっていました…。 久しぶりなので写真も大きなサイズで。。。クスサン。 秋の大物出現です。 宮崎県延岡市北方町2019年9月28日ヤママユガ科クスサン
コメント:0

続きを読むread more

キバラエダシャク

行縢山の照葉樹林でイチイガシの幹にとまっているキバラエダシャクを発見。 苔むした緑色の幹に、赤茶色の蛾がとまっているので目につきました。 本種は夏以降に出現するといわれていますが、4月にも出現するのですね。 全国的に普通種で、幼虫はツツジ科、バラ科、スイカズラ科など様々な植物を食べるようです。 2019年4月13…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more