キバラエダシャク

行縢山の照葉樹林でイチイガシの幹にとまっているキバラエダシャクを発見。
苔むした緑色の幹に、赤茶色の蛾がとまっているので目につきました。
本種は夏以降に出現するといわれていますが、4月にも出現するのですね。
画像


全国的に普通種で、幼虫はツツジ科、バラ科、スイカズラ科など様々な植物を食べるようです。


2019年4月13日
宮崎県延岡市行縢山
鱗翅目シャクガ科
キバラエダシャク Garaeus specularis mactans

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック