シロフフユエダシャク

冬にのみ姿を見せるシャクガ類をフユシャクと総称しますが、その中でも一番遅く出現するのがこの蛾。
シロフフユエダシャク Agriopis dira
冬から春に移る季節を教えてくれる蛾です。
600シロフフユエダシャク0314.jpg
北海道から九州まで広く分布する普通種なので、毎年見る機会も多い種類です。
幼虫がコナラ、クヌギなどを食べるので里山の蛾でもあります。

2020年3月14日
宮崎県延岡市愛宕山




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント