シロフフユエダシャク

冬にのみ姿を見せるシャクガ類をフユシャクと総称しますが、その中でも一番遅く出現するのがこの蛾。シロフフユエダシャク Agriopis dira。冬から春に移る季節を教えてくれる蛾です。北海道から九州まで広く分布する普通種なので、毎年見る機会も多い種類です。幼虫がコナラ、クヌギなどを食べるので里山の蛾でもあります。 2020年3月14日…
コメント:0

続きを読むread more

モンキキナミシャク

早春に出現する、漫画みたいなかわいいデザインの蛾、モンキキナミシャク Idiotephria amelia。幼虫は、コナラ、クヌギからミズナラ、ブナ、カシワまで様々なブナ科樹木を食べるので、平地でも産地でもふつうに見られます。 これを見ると、春が来たなーと思います。 2020年3月14日宮崎県延岡市愛宕山
コメント:0

続きを読むread more

キリガ3種(スモモ、ナワ、カギモン)

キリガ類は寒い時期に出現することもあり、愛好家が増えている蛾です。このスモモキリガ(Anorthoa munda)は、中でも比較的普通に見られる種類。3月に姿を現します。白っぽい翅の先にある黒い二つの点が目印。 名前は、幼虫がスモモで見つかったからつけられたのでしょうか。スモモ以外にも、ウメ、サクラやクヌギ、コナラを食べるようです。 …
コメント:0

続きを読むread more

ヘリグロキエダシャク

2020年3月14日、夜の愛宕山で糖蜜をしかけてキリガ類を探索していたときに偶然発見したヘリグロキエダシャク Corymica deducta deducta。幼虫がタブノキを食べる照葉樹林の蛾のようです。3月に見られるのはかなり早い記録かもしれません。 ウコンエダシャクと同じ属の蛾で、翅の形もよく似ています。この個体は♂で、前翅のつ…
コメント:0

続きを読むread more

プライヤキリバ

成虫で冬を越す蛾、プライヤキリバ。枯葉のようなデザインの蛾で、虫にくわれたような欠けた形をした翅が、切れた羽「キリバ」という名前なのでしょう。 晩秋や早春に光に飛来するのをよく見かけます。 幼虫は、コナラ、クヌギ、アラカシなど里山の樹木を食べるので、比較的おなじみの種類です。 鱗翅目ヤガ科プライヤキリバ Gonicraspidum…
コメント:0

続きを読むread more

ヒロバトガリエダシャク と ホソバトガリエダシャク

早春に姿を現すこの2種のシャクガは、自動販売機の光で見つける機会が多いです。 ヒロバトガリエダシャク Planociampa antipala。 宮崎県延岡市愛宕山。2020年3月14日。 ホソバトガリエダシャク Planociampa modesta  。宮崎県延岡市北方町。2020年3月14日。 ヒロバ、ホソバの名の通り、…
コメント:0

続きを読むread more