テーマ:バッタ・コオロギ

オオカマキリ

晩秋になるとオオカマキリが産卵します。 家の壁に卵をみつけたので、近くを探したらみつかりました。 ただし、卵を産んだのとは別個体かも。。。 2017年 宮崎県延岡市 カマキリ目 カマキリ科 オオカマキリ Tenodera sinensis
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツチイナゴ

秋に成虫になり、そのまま冬を越すツチイナゴ。 夏に出現する幼虫は緑色をしていますが、秋から春まで見られる成虫はこのように褐色。 生活環境に応じたたくみな色の変化です。 2017年11月14日 宮崎県延岡市中川原町 直翅目バッタ科 ツチイナゴ Patanga japonica
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オンブバッタ

気温13度ともなると虫数もだいぶ減ってきます。 とはいえ、愛宕山山頂は小春日和で、タテハモドキやヒメアカタテハの姿も。 こちらはオンブバッタ。 緑色の個体と茶色い個体とが見られます。 小さな♂が大きな♀の上に乗っている姿をよく見かけることでこの名がついています。 このコンビはいつも緑色+緑色か、茶色+茶色で、緑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アオマツムシ

11月に入ってアオマツムシの声を聞かなくなりました。 まだ暖かい日になると聞かれる可能性もありますが・・・。 朝の出勤時に、路上で倒れている虫をときどき見かけます。 これはアオマツムシ。 10月27日の朝に見つけた個体。 そろそろ寒さに限界のようです。 11月に入っても鳴いているのはマツムシとタイワンクツワム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セスジササキリモドキ 2017/10/28

雨の行縢神社を散策中、電柱に取り付けられている黄色と黒のシマシマ模様の電柱警告板にとまっているセスジササキリモドキを見つけました。 雨の日は、人工建造物の壁を登ってくる虫の姿をよく見かけます。 本種は夏から11月くらいまで見られるようですが、すばしっこくてすぐ飛ぶのでなかなか撮影できませんが、雨の日だと全く動かないので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメクダマキモドキ

台風一過の今日、ヒメクダマキモドキを撮影。 樹上性昆虫で、本州(房総半島以西)、伊豆諸島、小笠原諸島(父島)、四国、九州、対馬、種子島から南西諸島に生息する南方系の種。 大きな産卵管を持つ♀です。 2017年10月23日 宮崎県延岡市平原町 直翅目ツユムシ科 ヒメクダマキモドキ Phaulula …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クビキリギスの擬態

ジンチョウゲを剪定していたときに発見したクビキリギス。 ジンチョウゲの葉っぱとそっくりで、一見見落としそうです。 そういえば、早春にサンパラソルを剪定していたときにもこんなクビキリギスを見つけました。 枯れたサンパラソルの枝にそっくりです。 見事な擬態ですね。 直翅目キリギリス科 クビキリギス …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイワンクツワムシ

秋から冬にかけて鳴くタイワンクツワムシの季節が到来しました。 アオマツムシもまだ場所によっては鳴いていますが、次第にいなくなり、タイワンクツワムシの賑やかで荒々しい声に変わっていきます。 分布は伊豆半島以南の本州、四国、九州、沖縄など。 九州ではおそらく北半分にはいないかと思います。 鳴き声は、ギイッ!ギイッ!という前奏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月からアオマツムシが鳴く

延岡の今年のアオマツムシの鳴き始めはなんと7月30日でした。早いです。 東京では例年お盆過ぎから鳴きだし、10月末か11月頭まで声が聞かれたものです。 延岡市平原町では7月30日以降、毎夜、鳴き声がリューリューと響き渡り、個体数も増えているようです。 写真は2012年8月24日撮影 宮崎県延岡市中河原町にて
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アオマツムシ 2011.8.6

今年は早くもアオマツムシが鳴き始めています。 例年お盆明け以降という印象なので、早いスタートです。 2011年8月6日 宮崎県都農町 および 宮崎県日向市 車の窓から声を確認しました。いずれも複数。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アオマツムシ

アオマツムシはもともと日本にはいなかった虫で、外国からの侵入昆虫の1種。 日本最初の記録は東京らしく、1970年代から数が増えだしたと言われているが、私の記憶では1980年代から東京や埼玉で大発生するようになった。 1992年に延岡に来た頃は、秋になるとマツムシの声(チンチロリン)が町中でも聞かれるくらいに静かな秋の夜だったはずで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオクサキリ!?→[訂正]カヤキリ♀(延岡市愛宕町)

クビキリギスの大きな個体のように見える謎の直翅を撮影しました。産卵管が翅端部を超えることから、クビキリギスではなく、オオクサキリのようです。 オオクサキリは産地が少なく珍しい種類で、九州では福岡と大分の一部からしか記録されていないとか!?となると宮崎初記録でしょうか?(ちゃんと調べていないのでわかりませんが) 薬局の窓にとまって…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more