テーマ:セミ・カメムシ

ユミアシゴミムシダマシとエサキモンキツノカメムシ

冬にスギなどの木の樹皮下では様々な昆虫が越冬しています。 スギの樹皮下から発見した、ユミアシゴミムシダマシ(左)とエサキモンキツノカメムシ。 なかよく並んで冬越ししていました。 2019年1月26日 宮崎県延岡市行縢山 鞘翅目 ゴミムシダマシ科 ユミアシゴミムシダマシ Promethis valgipes 半翅目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニイニイゼミ初鳴き 2018.6.15

例年ニイニイゼミは6月20日過ぎから声を聞いていますが、今年は6月15日にすでに合唱していました。 場所は延岡市天下町にある植物園内。 今年は春先からずっと生物の発生が早めのようです。 (残念ながら声だけで、写真は撮れず。) 2018年6月15日 宮崎県延岡市天下町植物園 半翅目 セミ科 ニイニイゼミ Plat…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔番外編〕ヒゲナガヘリカメムシ(インドネシア・バリ島)

南西諸島、台湾などに生息しているヒゲナガヘリカメムシをインドネシアで撮影しました。 インドネシアには分布していない種類です。もしかすると近似の別種かもしれません。 ヒゲナガヘリカメムシは沖縄・奄美大島・屋久島にも生息しているようです。 バリ島のタケにたくさんみつかり、集団はちょっと不気味。 幼虫のアップ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミナミマキバサシガメ

初めて見ました! ミナミマキバサシガメ。 かつてネッタイマキバサシガメと呼ばれていた南方系のカメムシ。 ハネナガマキバサシガメによく似ていますが、より細長いので区別できます。 2017年11月7日 宮崎県延岡市中川原町 半翅目マキバサシバメ科 ミナミマキバサシガメ Nabis kinbergii …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオホシカメムシ 2017/10/28

雨の中、行縢神社付近を散歩していてオオホシカメムシを発見。 わりとよく見かけるカメムシ。みかんの実に汁を吸いに集まったり、アカメガシワの花穂に集まったりするようです。 2017年10月28日 宮崎県延岡市行縢神社 半翅目オオホシカメムシ科 オオホシカメムシ Physopelta gutta
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シロヘリクチブトカメムシ 2017/10/27

日没後に地面を這っているシロヘリクチブトカメムシを目撃。 クチブトカメムシの仲間は肉食性で、本種は蛾の幼虫などを食べます。 シロヘリクチブトは南方系の種なので、関東にいたころは見たことがありませんでした。 宮崎県内では都農町で見たことがありますが、延岡市内で見たのは初めて。 2017年10月27日 宮崎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キンモクセイ上のキマダラカメムシ

今年はキンモクセイの開花が遅く、台風21号が過ぎた今週になってやっと満開になりました。 その葉上にキマダラカメムシの姿が。 最近数が増えてきた本種は、家の中にまで入ってきます。寒くなってきたのでそろそろ越冬場所を探し始めているのでしょうか。 2017年10月25日 宮崎県延岡市平原町 半翅目カメムシ科 キ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アブラゼミ(モズのはやにえ)

モズは捕獲した獲物を木の枝などに突き刺してとっておくことがあります。 そのまま忘れてしまうこともあるようですが。。。 オガタマノキの小枝にアブラゼミがささっているのを見つけました。 これもまた、モズの仕業でしょう。 2017年7月16日 宮崎県延岡市平原町 半翅目同翅亜目セミ科 アブラゼミ Graptop…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キマダラカメムシ3令幼虫

オガタマノキに産まれた12卵塊から孵化したキマダラカメムシ幼虫。 すでに3令ですが、まだ卵近くで集まっています。 半翅目カメムシ科 キマダラカメムシ 宮崎県延岡市平原町 2017年7月3日
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミナミトゲヘリカメムシ@行縢

行縢山の少年自然の家付近では、冬の暖かい日にミナミトゲヘリカメムシをしばしば見かけます。 他に虫がいないと余計に目立つのです。 本種はクスノキやシロモジなどの照葉樹林につくようで、宮崎では普通種です。 2017年1月3日 宮崎県延岡市行縢山 ミナミトゲヘリカメムシ Paradasynus spinosus…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウシカメムシ 2016.10.24

延岡でウシカメムシを見るのは10年ぶりかな・・・? 以前は行縢山で冬に見ましたが、今回は愛宕山のふもとの住宅地にて。 ハナミズキの葉裏にいました。 けっこう珍しい虫です。 半翅目カメムシ科 ウシカメムシ 2016年10月24日 延岡市平原町
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロイワツクツク@佐多岬 2016/8

佐多岬から南方に生息するセミ、クロイワツクツクを撮影するために、佐多岬1泊で出かけてきました。 例年は高いところにとまる個体ばかりでなかなか撮影できませんでしたが、今年はいいポイントを発見。 このようにかなり保護色化しているため、けたたましく鳴く声が聞こえてから、セミを確認するまでにかなりの労力を要しました。 が、慣れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(番外編)キュウシュウエゾゼミ 大分県九重 2016.7.23

九州と四国(と広島?)のごく限られた場所でのみ生息するキュウシュウエゾゼミ。 九重高原では個体数も多いようで、瀬の本の北側~長者原まで車で運転していると、山全体がギーーーーと合唱しているような印象でした。 毎年行っているわけでは定かではありませんが、以前行ったときよりもかなり個体数が多い印象を受けました。 鳴いてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナガメ 2015.4.18

「眺め」ではなく「菜亀」。菜の花につくカメムシです。 冬の庭の片づけをしていたとき、おそらく大根の葉っぱから落ちたであろう本種を地面で見つけました。 よく似たヒメナガメというカメムシも我が家には出没します。 どちらも赤と黒のコントラストが美しいですね。 半翅目カメムシ科 ナガメ 2015年4月18日宮崎県…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シラホシカメムシ 2015/04/12

鉢植えのパイナップルの葉の枯れた部分を撤去していたら、シラホシカメムシがついていました。 ころんと地面のテラコッタ上に転がったところを撮影。 イネ科、マメ科、キク科などの植物につくことが知られています。 パイナップルにもつくのかな? シラホシカメムシ 宮崎県延岡市 2015年4月12日
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キマダラカメムシ 20150404

成虫で冬越ししたキマダラカメムシが今年も姿を見せ始めました。 雨上がりの庭にナメクジが出始めたので、スリッパについてないだろうな~と裏を確認したら、カメムシがでてきました。 昨夜は春雷。桜も散り始めています。春です。 キマダラカメムシ 2015年4月4日 宮崎県延岡市
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメベッコウハゴロモ 延岡市行縢町

米が実りつつある田んぼで、農薬散布が行われていました。 その近くの川沿いのススキにてヒメベッコウハゴロモを発見。わりと珍しい種類のようです。 他には、イチモンジセセリ(写真)とキタキチョウが乱舞。 田んぼ周辺ではタテハモドキも飛んでいました。 ヒメベッコウハゴロモ 2012年9月9日 宮崎県延…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キマダラカメムシ 延岡市平原町 2012.4.14

春になって今年も姿を現しました。 外来性昆虫のキマダラカメムシ。完全に定着しているようです。 4月12日 朝 1ex.目撃(誤って踏みつぶしてしまった!!) 4月13日 朝 1ex.撮影(写真) 共に、宮崎県延岡市平原町、2012年。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アブラゼミ 2011.8.7

久しぶりの更新です・・・。 延岡の平野部では、春のハルゼミ(ちょっと山間部)が4月に出現し、6月からニイニイゼミが鳴きだし、7月に入ると、ヒメハルゼミ、アブラゼミ、ついでクマゼミが鳴きだし、8月以降秋までツクツクボウシの声が聞こえます。 山間部ではヒグラシ、ところによってミンミンゼミの声を聴くことができます。 ヒメハルゼミは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(番外編) ヒグラシ 宮崎県えびの高原

涼しい声で、夕刻に鳴くヒグラシ。 ほかのセミたちが、猛暑を連想させるうるさい声なのに対し、ヒグラシだけは、どことなく寂しげで、涼しげに聞こえます。 昼間でも太陽が陰った瞬間にいっせいに鳴き出すことがあります。 この日は、えびの高原のハイキングコースで、午後3時頃、森全体がヒグラシの鳴き声につつまれていました。 個体密…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(番外編)ヒメハルゼミ 

梅雨があけた大分県宇佐神宮にて。 森全体が共鳴するような大合唱の中、宇佐神宮を参拝してきました。 このセミは、7月に照葉樹林帯で声を聞きます。 延岡から高千穂に向かう国道沿いでは、シイの森で大合唱しています。 近年は延岡市の愛宕山でも声を聞くことが多くなりました。 半翅目セミ科 ヒメハルゼミ 大分県宇佐市宇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベニツチカメムシ (延岡市愛宕山)

ベニツチカメムシは、赤と黒のツートーンからなる派手なカメムシ。 通常は、地表を歩いている個体を目にするのだが、愛宕山某所には集団でいるという噂を聞いていました。 (いろいろ調べてみると、本種が集団でいるのは珍しいことではないようです。) 場所をピンポイントで聞いていたわけではないのだが、出向いてみると・・・いるわいるわ、木の葉…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハルゼミ (番外編)

春に松林で鳴くセミ、ハルゼミ。 4月~5月に耳にすることが多かったのですが、今年はもう鳴いています。 3月13日、宮崎市のフローランテ宮崎周辺の松林で合唱している声を聞いてびっくり!! さすが南国宮崎です。 写真は、ありません・・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカスジカメムシ (延岡市平原町)

ニンジンの害虫として知られるアカスジカメムシ。赤と黒のボーダーデザインがしゃれています。 我が家の庭では、イタリアンパセリの花に、本種が集まります。 ほかには、フェンネルにも見かけます。 半翅目カメムシ科 アカスジカメムシ 宮崎県延岡市平原町 2009年5月30日
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マルウンカ (延岡市愛宕山) 2009.5.16

まんまるの小さな姿は、まるでテントウムシ。ウンカの仲間なので、近づくとぴょーんとはねて、またたくまに視界から消えます。 普通、まだら模様を持っているのですが、この個体は一様に(グラデーションこそあるものの)黄褐色。羽化したての個体なのかもしれません。 愛宕山の歩道の柵の上にいるのを撮影。 半翅目マルウンカ科 マル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミナミアオカメムシ 延岡市平原町 2009.4.29

今年もミナミアオカメムシが大発生するのでしょうか。 早くも交尾個体を目撃しました。 昨年は、トマトやナスなど野菜類に被害を与えた害虫なので、今年も本種との戦いは続きそう・・・。 本種には、色彩の変異があり、緑単色の、もっともふつうにみられるタイプの他、黄色地に緑の斑点がはいるタイプはなかなか美しいです。 半翅目カメムシ科…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キマダラカメムシ(延岡市平原町)

ついに・・・延岡でキマダラカメムシを発見してしまいました!!たぶん初記録でしょう。 もともと長崎に生息が知られている種で、1983年、私が高校生時代に修学旅行で東京から九州に初めて来て、長崎の平和公園で本種をみつけて、珍しいカメムシだと喜んで採集したのを思い出します。 近年では、2007年に大分市のパークプレイスで本種を撮影…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more