アオマツムシ

11月に入ってアオマツムシの声を聞かなくなりました。 まだ暖かい日になると聞かれる可能性もありますが・・・。 朝の出勤時に、路上で倒れている虫をときどき見かけます。 これはアオマツムシ。 10月27日の朝に見つけた個体。 そろそろ寒さに限界のようです。 11月に入っても鳴いているのはマツムシとタイワンクツワム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セグロシャチホコ 2017/11/2

腹端をつきだした独特の姿勢がかわいらしいセグロシャチホコ。 北海道から沖縄まで分布するシャチホコガ科の蛾。 春から秋まで年に2化、宮崎のような暖かい地方では3化の発生のようで、11月まで見られます。 この成虫も秋に産卵して、幼虫で越冬体制に入ると思われます。 幼虫はヤナギ類などを食べます。 2017年11月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シロオビノメイガ 2017/10/29

よく見かけるなじみ深い小型のメイガ。 北海道から西南諸島まで日本全国に分布しています。 畑にも発生し、花に蜜を吸いに集まり、夜間は光にも集まります。 メイガの仲間は小型ですが色彩が様々で、秋に光に集まる姿がなんとも印象的。 昆虫を本格的に好きになり始めた中学時代に、西浦和駅の光に集まった様々なメイガそれぞれの色彩がち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホシヒメホウジャク 2017/10/30

おそらく夜間に灯火に飛来したホシヒメホウジャク。 ホシホウジャクと同様、長いストロー状の口で花の蜜を吸うスズメガ科のホウジャクの仲間。 幼虫はホシホウジャクと同じヘクソカズラを食べるそうです。 日本では北海道から屋久島まで広く分布。 6-7月と8-10月に出現し、今出ている個体はこのまま成虫越冬。 2017…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セスジササキリモドキ 2017/10/28

雨の行縢神社を散策中、電柱に取り付けられている黄色と黒のシマシマ模様の電柱警告板にとまっているセスジササキリモドキを見つけました。 雨の日は、人工建造物の壁を登ってくる虫の姿をよく見かけます。 本種は夏から11月くらいまで見られるようですが、すばしっこくてすぐ飛ぶのでなかなか撮影できませんが、雨の日だと全く動かないので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオホシカメムシ 2017/10/28

雨の中、行縢神社付近を散歩していてオオホシカメムシを発見。 わりとよく見かけるカメムシ。みかんの実に汁を吸いに集まったり、アカメガシワの花穂に集まったりするようです。 2017年10月28日 宮崎県延岡市行縢神社 半翅目オオホシカメムシ科 オオホシカメムシ Physopelta gutta
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シロヘリクチブトカメムシ 2017/10/27

日没後に地面を這っているシロヘリクチブトカメムシを目撃。 クチブトカメムシの仲間は肉食性で、本種は蛾の幼虫などを食べます。 シロヘリクチブトは南方系の種なので、関東にいたころは見たことがありませんでした。 宮崎県内では都農町で見たことがありますが、延岡市内で見たのは初めて。 2017年10月27日 宮崎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キンモクセイ上のキマダラカメムシ

今年はキンモクセイの開花が遅く、台風21号が過ぎた今週になってやっと満開になりました。 その葉上にキマダラカメムシの姿が。 最近数が増えてきた本種は、家の中にまで入ってきます。寒くなってきたのでそろそろ越冬場所を探し始めているのでしょうか。 2017年10月25日 宮崎県延岡市平原町 半翅目カメムシ科 キ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロマダラソテツシジミ(迷蝶)

今年も迷蝶クロマダラソテツシジミが延岡で発生しています。 上は♂、下は♀。 幼虫はソテツを食べるのですが、成虫は花壇の花によく集まります。 夜間光にも飛んで来たり・・・。 鱗翅目シジミチョウ科 クロマダラソテツシジミ Chilades pandava 宮崎県延岡市平原町 2017年10月1日~5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメクダマキモドキ

台風一過の今日、ヒメクダマキモドキを撮影。 樹上性昆虫で、本州(房総半島以西)、伊豆諸島、小笠原諸島(父島)、四国、九州、対馬、種子島から南西諸島に生息する南方系の種。 大きな産卵管を持つ♀です。 2017年10月23日 宮崎県延岡市平原町 直翅目ツユムシ科 ヒメクダマキモドキ Phaulula …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダンダラテントウ

ナミテントウ同様、個体変異が激しいことで知られる暖地系テントウムシ。 フウセントウワタでアブラムシをたくさん食べたあとらしく、口の周りにはアブラムシの食べかすがいっぱいついています。 2017年10月7日 鞘翅目テントウムシ科 ダンダラテントウ Menochilus sexmaculatus 宮崎県延岡市平原町 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホシホウジャク

最近よく見かける蛾、ホシホウジャク。 ホバリングしながら長い口をのばして花の蜜を吸いますが、羽音がするのせいか、一見ハチのように見えます。 幼虫はいかにもスズメガという姿ですが、成虫同様小型で、ヘクソカズラというつる性の雑草につきます。 我が家の花壇は昼間はヒメアカタテハやセセリチョウ類、タテハモドキなどが訪れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クスサン@延岡市中川原町

ヤママユガ科の大形の蛾は秋の風物詩。 延岡市の市街地でも見られます。 中川原町の光に来ていたクスサンをスマートフォンで撮影。 2個体目撃しました。 北海道から九州、海外では中国と台湾に分布し、幼虫はクリ・コナラ・クヌギ・ウメ・イチョウ・クスノキなど幅広く食す里山の蛾。 9~10月に年一回の発生です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(番外編)クロシジミ@阿蘇

クロシジミは、幼虫期にアリの巣の中で過ごす、変わった蝶です。 阿蘇山麓のススキ原で本種を見かけました。 こちらは飛翔中の写真。 ススキの中にもぐりこむ個体。 ここに産卵された卵から産まれた幼虫は、クロオオアリに、運ばれてアリの巣の中に入ります。 アリが好む分泌液をありに与えるかわりに、アリから餌をも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アブラゼミ(モズのはやにえ)

モズは捕獲した獲物を木の枝などに突き刺してとっておくことがあります。 そのまま忘れてしまうこともあるようですが。。。 オガタマノキの小枝にアブラゼミがささっているのを見つけました。 これもまた、モズの仕業でしょう。 2017年7月16日 宮崎県延岡市平原町 半翅目同翅亜目セミ科 アブラゼミ Graptop…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サカハチチョウ@上祝子

久しぶりに延岡市内でサカハチチョウを撮影。 春型のサカハチチョウはカラフルで美しいです。 個体数もけっこういましたが、林道上ではなかなか撮影ポイントがなく、遠くからしか撮れずじまい。 宮崎県延岡市北川町上祝子 2017年5月2日 サカハチチョウ (鱗翅目タテハチョウ科)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツマグロヒョウモン@延岡市愛宕山

愛宕山展望台駐車場で早くもツマグロヒョウモン♀を見かけました。 そういえば我が家のビオラのプランターでは冬に幼虫が確認されました。 延岡市では幼虫越冬するようです。 他の越冬態もあるのかもしれませんが。 鱗翅目タテハチョウ科 ツマグロヒョウモン 宮崎県延岡市愛宕山 2017年4月2日
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コツバメ@延岡市天下町

延岡市天下町植物園にてコツバメを撮影。 この時期にのみ姿を見せるチョウで、延岡市内ではあまり多くありません。 翅を開くときれいなのですが、開いてもらえませんでした・・・。 鱗翅目シジミチョウ科 コツバメ 2017年4月1日 宮崎県延岡市天下町植物園
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミナミトゲヘリカメムシ@行縢

行縢山の少年自然の家付近では、冬の暖かい日にミナミトゲヘリカメムシをしばしば見かけます。 他に虫がいないと余計に目立つのです。 本種はクスノキやシロモジなどの照葉樹林につくようで、宮崎では普通種です。 2017年1月3日 宮崎県延岡市行縢山 ミナミトゲヘリカメムシ Paradasynus spinosus…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more